医院概要

Pick UP Gallery

診療時間/診療内容/施設・設備/時間外対応について

世田谷駒沢・桜新町の動物病院「駒沢どうぶつ病院」の基本情報です。こちらでは、診療時間や主な診療内容、施設・設備などについてご案内しています。また、時間外の対応についても下記をご覧ください。

医院のご案内

病院名 駒沢どうぶつ病院
院長 田部 久雄
住所 〒154-0012
東京都世田谷区駒沢3-16-2
電話番号 03-3421-7009
※飼い主様の待ち時間をできるだけ削減し診療をスムーズに行うために、当院ではご予約いただくことをおすすめしています。ただし急患優先となりますので、ご了承ください。
FAX 03-3422-0092

診察時間

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  土・日・祝
9:30~12:30 診察時間 診察時間 診察時間 診察時間 診察時間 診察時間
15:30~19:30 診察時間 診察時間 診察時間 診察時間 診察時間 診察時間
※18:30まで

※定休日:定休日はありません。年中無休で診療しています。

診療内容

対象動物:犬・猫・ウサギ・モルモット・フェレット・ハムスター
診療科目:内科・外科・皮膚科・アレルギー科・耳鼻科・整形外科・予防医療・歯科・リハビリ・しつけ
診療内容:一般治療、外科診療、予防診療、健康診断・動物ドッグ、免疫療法、高濃度集中酸素療法、オゾン療法、レーザー治療、終末期医療、食事・健康管理相談、しつけ相談、入院対応可
英語対応可能

時間外救急の対応について

診療時間外の急患に関しては留守番電話で対応しています。留守番電話にお名前・症状・電話番号を必ず録音してください。できるかぎり折り返しご連絡し対応いたします。

ただし事情により受けられないこともあります。15分以内にコールバックがない場合は、深沢のTRVA 夜間救急動物医療センター(TEL:03-5760-1212/20:00~翌6:00)へご連絡頂き、お連れください。応急処置のうえ、翌朝当院へ連絡が入るようになっています。
TRVA 夜間救急動物医療センターのホームページ(http://www.trva.jp/

施設・設備

待合室

待合室

受付スタッフが笑顔でお出迎えいたします。
気軽にお声がけください。
ティファニーブルーを基調とした明るく清潔感のある空間。診療までの時間をこちらでお待ちください。

フェイシャルフェロモンF3設置

フェイシャルフェロモンF3設置
猫の頬から分泌されるフェロモンと同等のものを放出する製品を設置。ネコちゃんにとってなじみのあるフェロモンは安心感を得られ、リラックスして診療が受けられます。

掲示版・ポスター

掲示版・ポスター
予防接種や病気に関するポスターを掲示。パンフレットは自由にお持ちください。

受付テレビモニター

受付テレビモニター
動物の医療情報をお知らせしています。

診察室

どうぶつが怖がらない診察室。

どうぶつが怖がらない診察室。
動物に安全・安心の治療を提供できるよう、診断、治療に必要な各種高性能機器を取りそろえて治療にあたっています。

診察室モニター

診察室モニター
撮影したレントゲン画像をよりスピーディーに処理し、すぐに診察室でご覧いただけます。インフォームドコンセントを徹底しており、病状や今後の治療方法などをわかりやすく説明します。

超音波エコー

超音波エコー
動物の身体に傷を付けることなく、腹部や心臓の状態を観察することができます。

血液検査機器

血液検査機器
採血した血液を最短15分で、その場で検査することができます。

血液化学検査器

血液化学検査器
臓器や器官系が正常い働いているか検査する機器です。

自動血球計算装置

自動血球計算装置
白血球と赤血球を正確に分析します。

院内検査情報管理システム

院内検査情報管理システム
過去のデータと比較する事が可能です。飼い主様にもわかりやすいカラーの検査報告書を作成し、お渡しいたします。

内分泌検査器

内分泌検査器
コルチゾール(副腎)やT4(甲状腺)といった内分泌系を検査する機器です。

生体モニター・ガス麻酔器

生体心電図モニター(解析付心電図)・ガス麻酔器
心電図や心拍数、血中酸素飽和度、血圧、体温などがモニターできる機器。心臓の健康状態を把握するのに用いられます。リアルタイムに観察することで、安全な麻酔・手術を行えます。また、手術時に安全に麻酔をかけることができるガス麻酔器を使用しています。

レーザー

半導体レーザー
消炎や疼痛緩和、運動機能障害、止血などさまざまな治療に効果を発揮するレーザー機器です。オゾン療法と併用することにより、効果が上がります。

濃度表示付き動物用オゾン発生器

濃度表示付き動物用オゾン発生器
オゾン療法に使用される装置です。適正な濃度のオゾンを動物たちにとって適正量だけ生成し、注入することができます。(注腸法)

オトスコープ

オトスコープ
難治性の外・中耳炎に効力を発揮する、オトスコープによる治療システム。鼓膜と中耳の様子をカメラで観察しながら洗浄し、治療することができます。

顕微鏡

顕微鏡
検体検査を行うための顕微鏡です。尿や便のなかの細菌・寄生虫の有無の確認や、腫瘍細胞の特定などを行います。

入院室

どうぶつが自宅と同じようにくつろげる入院室。

どうぶつが自宅と同じようにくつろげる入院室。
ペットが可能な限りリラックスできる場を提供するため、安心安全な環境作りを心がけております。

高濃度集中酸素治療室

高濃度集中酸素治療室
室内酸素濃度を約40%に保つことができる治療室。通常よりも高濃度の酸素環境で治療することで負荷を軽減し、早期回復が期待できます。熱中症や呼吸器疾患の治療に用いられます。

WEBカメラ

WEBカメラ
入院やホテルなどには、お預かりの動物たちの様子がより把握できるようWEBカメラでの監視システムを導入しています。

当院へのお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。また、お急ぎの場合はお電話で直接おたずねください。

tel:0334217009

Copyright © 駒沢どうぶつ病院 All Rights Reserved.